事故削減のために定められている脱毛サロンの規約

サロンに通わずとも、おうちの中で永久脱毛に近い処理をすることは可能です。民間の脱毛サロンは、自己流と比べると規定が厳しく感じるかもしれません。なぜ厳しいかというと、事故削減のためです。エステティシャンという第三者が介在したことで起こりうるあらゆる事故を契約の段階でシャットアウトするためです。アトピー性皮膚炎治療中の人。妊娠中の人、24時間以内に飲酒をした人。サロンによっては10時間以内という規約がある場合もございます。

脱毛サロンに通いたい人のための注意点

ゆうべ飲み会に行き、ビールを飲んだ」という人は、施術を受けてはいけません。「友達や彼氏に誘われるとどうしても飲んでしまう」のではなく「サロンに行く前日は飲まない」ぐらいの心構えをしてください。日焼けをしている、海水浴に行った、山登りに行った、配送やポスティング、交通整理など、長時間陽に当たる仕事をしている。その他、屋外に出る仕事をしている人や、屋外に出る機会が多い人で、日焼け対策が甘い人は、契約時や施術前にエステティシャンから指導が入るはずです。

事故防止のための様々な規定

怪我には注意しましょう。自分では気づかないすり傷や青あざも注意が必要です。「怪我をしない」という日頃からの配慮が必要です。香水、虫よけスプレー、サンオイル、日焼け止めクリーム、その他薬剤を塗布している人。塗っている部分が反応を起こし、色素沈着を起こしたり、かゆみや腫れの原因になります。定期的に医者に通っている人。飲んでいる薬が悪い反応を引き起こしてしまうおそれがあるため、契約の時点でお断りされるはずです。

新宿の脱毛では、デリケートゾーンのムダ毛にも対応しているため、自分で処理するのが不安という人でも安心して施術を受けられます。