軽く自己処理をするのは必須

最近人気の脱毛部位であるVIOですが、他の部位と少々異なる手順で進むことがあります。一体どのようなところなのでしょうか。まずは、脱毛エステに行く前に軽く自己処理をしておくことが大切です。無駄毛の量は人によって異なりますが、マナーとして長い無駄毛は切っておくようにしましょう。ただ、身体の他の部位と異なり、傷つきやすいところでもありますので、脱毛エステのスタッフさんが無料で処理をしてくれる場合もあります。

他に比べて痛みが強い

VIO脱毛の知識を少しでも持っている人であればご存じのことかもしれませんが、他の部位に比べて痛みが強いという特徴があります。脱毛の原理というのは、色の濃い部分に強く反応して毛根を撲滅するというものですので、濃い毛が密集しているVIOは痛みを強く感じるのです。ただ、最近では美肌効果があり、さらに痛みを感じにくい脱毛機器も増えてきていますので、最初にお試し施術をしてから契約するかどうかを決めると良いかもしれません。

粘膜は脱毛出来ない場合が多い

また、VIO脱毛をする場合には、粘膜の箇所は脱毛することが出来ない場合が大多数だということを覚えておきましょう。粘膜はVIOの中でも最もデリケートな箇所ということで、エステなどでは脱毛機器を照射することが許されていないのです。ただ、医師や看護師が常駐している医療機関で脱毛を行う場合には、粘膜にも照射することが可能な脱毛機器を扱っている場合がありますので、最初のカウンセリングの際に聞いておくと良いでしょう。

VIOライン脱毛は、女性のデリケートゾーンの脱毛のことです。VIOラインとは、それぞれの部位のことです。