医療レーザー脱毛を良く知らないけれど

エステサロンの光脱毛と似ていますが、永久脱毛ができるのは医療行為としてレーザー脱毛をすることのできる脱毛クリニックだけ!黒いものだけに反応するので、毛根と毛包にある幹細胞を破壊してくれます。ムダ毛を抜いてもまた生えてくるのは幹細胞の働きによるものなのですが、これがなくなればもうムダ毛は再生することはなくなるのです。でも永久脱毛も完ぺきではなく、脱毛を終えてから一か月以内の再生率が2割以下の状態を言うものです。

リスクはどうなのかな?

永久脱毛をしてしまえば、もうもじゃもじゃのムダ毛に悩まなくてもいいのですが、気になるのはレーザー脱毛のリスクです。肌がひりひりしたり、赤くなるのは誰にでも起こりますし、軽く腫れるのもよくある症状です。脱毛クリニックは立派な医療機関ですから、施術後に塗り薬を出してくれるので、これを塗っておけばすぐに治まりますよ。火傷や毛嚢炎の発生頻度は低めですが、もしなった場合もすぐに医師が治療するので安心ですね。

脇への影響はあるの?

レーザー脱毛は黒いものをメラニン色素として認識しますから、脇の汗腺には影響は特にありません。ですから脇汗がレーザー脱毛をしたせいで増えることはありません。もし汗が増えたと感じるなら、それは脇毛が減る分汗を感じやすいからです。ちなみにワキガの元になるアポクリン腺を破壊するものではないので、ワキガの治療効果もないです。でも脇毛が多いと蒸れて雑菌が繁殖しやすいので、それがなくなることで臭いが軽減する可能性は考えられます。

医療脱毛を新宿で契約をするには、高額な費用が発生することがあるため、事前に各クリニックの料金体系を把握することが大切です。